新年のビジネスメールを送ろう!【送る勇気のない人必見!】

スポンサーリンク


『英語で新年のビジネスメール』

英語でのメールは慣れていないと、送信するときに少し緊張しますよね。私も、大学生のときにキャンパスの事務でバイトをしていましたが、ビジネスのメールを送るときはいつも、文法に間違いがないか・失礼な言い回しにはなっていないかというのを気にしていました。

でも、いざ勇気を振り絞って送ってみると、相手からの反応はとても良く、とても褒めてくれ、仕事上の関係もより良いものになってのです。「英語に敬語はないんじゃないの?」と思っている方もいるかもしれません。

敬語のように全ての語尾を変化させたりすることはありませんが、英語でもビジネスメールの場合は普段の話言葉とは少しちがいます。

海外に取引先があったり、海外の人と仕事のやり取りをしている人は新年の挨拶のメールを英語で送ることもあると思います。そんな時に備えて、英語のメールの送り方と新年の挨拶に使えるフレーズをご紹介します。

基本の挨拶

これらのフレーズは、カジュアルな場でもビジネスの場でも使うことができます。覚えておくと、とても便利です。

日本でよく使われている「Happy New Year」を使うよりも丁寧で、宗教のことを気にしなくても使えるため応用がききます。このフレーズで使われている「holiday」とは、新年に限らず感謝祭やクリスマスなどにも使うことができます。

ちなみに、よく年賀状に書かれている「A Happy New Year」というのは「あけましておめでとう」の意味で使われていますが、実は使い方が間違えていることを知っていましたか?

文の最初に「A」をつける場合には新年の1月1日になる前に「Have a happy new year」(良いお年をお迎えください)という時に使います。

「新年おめでとうございます」という挨拶に使う時は「A」をつけないで「Happy New Year」とだけ使うのが、正しい使い方なのです。

① I would like to wish you a happy new year.
(幸せな新年を迎えられますように。)

② I hope you will have a pleasant start to the new year.
(心地の良い一年のスタートを迎えられることを祈っています。)

③ I wish you all the best in 2018.
(あなたの2018年が素晴らしいものになりますように。)

④ Wishing you a wonderful holiday season.
(すてきな休日を過ごせるようお祈りしています。)

⑤ Happy Holidays and warm wishes for 2018.
(幸せな休日をお過ごしください。心から2018年のお祝いを申し上げます。)

ビジネス向けの一言フレーズ

基本の挨拶の他に、なにか仕事に関することも付け足したい場合に役立つフレーズです。

① Wishing all the people at ○○ another successful year.
(○○社の皆様にとって新しい一年も成功に満ちたものになるよう、願っております。)

② Thank you very much for supporting during our hard time last year. We will continue to work on the recovery process also this year.
(昨年は、当社が困難に直面していた際にご支援いただき、ありがとうございました。本年も、回復に努めて参りますので宜しくお願い致します。)

③ We would like to thank you for all the support we had from you last year, and hope the relationship between us will further develop in this new year.
(昨年ご支援いただいたことに、心から感謝いたします。本年度もお互いの関係が発展していくことを、願っております。)

④ We will continue to evolve this year to meet demands of our diverse customers. We would appreciate any suggestions or request from you.
本年も、様々なニーズに応えるべく進化していきたいと思っております。なにか、提案やご要望がありましたらぜひご連絡ください。)

『英語で新年の挨拶のメールを書くには?』

伝えたい内容が決まったところで、ビジネスメールのフォーマットについてご紹介したいと思います。

普通の英語のメールと違うところは、そんなに多くはないのですが、ところどころ丁寧な単語を使った方がよい部分があります。

送信先:
Dear Mr./Ms. ○○
(新年の挨拶なので、親しみを込めてDearを使うのがオススメです。個人名ではない場合は、相手の会社の名前を入れても大丈夫です。Mr.やMs.の後には、名字のみ、もしくはフルネームを入れます。下の名前のみの場合はビジネスメールにはふさわしくないので、注意しましょう。)

件名:
Season’s Greetings
(「Happy New Year!」も場合によっては、大丈夫ですがビジネスの場合は「Season’s Greetings」を使う方が無難です。)

本文:
I would like to wish you a happy new year!
Thank you very much for supporting during our hard time last year. We will continue to work on the recovery process also this year.
We will continue to evolve this year to meet demands of our diverse customers. We would appreciate any suggestions or request from you.

締めの言葉:
Sincerely,

あなたの名前:
ファーストネーム(名)ラストネーム(名字)
所属する会社の名前

これで、新年のビジネスのメールは完成です。
メールは簡単に送ることが出来るので、会社との関係をより良いものにするため・今後とも宜しくお願いしますという気持ちを伝えるためにも相手からのメールを待つより、先におくるのがオススメです。

「英語でビジネスメールを送るのはハードルが高いなあ」という方も上のサンプルを使用して送るだけで、相手からの印象がガラっと変わるはずです。

間違った文法も、それを指摘して怒られるというようなことはないので、まずは気軽にメールを送ってみてはいかがでしょうか?

スポンサーリンク





シェアはこちらから!

【管理人おすすめ英会話教材!】+『特典付き!』

世界10か国で37万人以上が実践した最新英会話メソッド!

日本の英語教育第一人者である七田眞(しちだまこと)が長年の研究により開発。徹底されたメソッドを取り組むことで60パターン600フレーズを完全記憶!最短最速の60日で日常英会話をマスターすることができます。頭の中で英作文をしてしまい英語をしゃべり出すのに時間がかかるあなたにピッタリの教材です。
 

⬇管理人の解説や購入者さんの感想を見るならこちらをクリック⬇


【七田式】7English~英会話フレーズ完全記憶(特典プレゼント開催中♪)


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください