家族で海外赴任、駐在妻が知っておきたいお母さん的英語勉強法!

スポンサーリンク


 

子供が小さいうちは家族みんなで海外赴任する家も増えていますよね。

海外生活は子供達にとってもいい経験になります。外国生活を通じて家族の絆が強まることも期待できますよね。でも英語が苦手だったらどうしたらいいんでしょう?

実は全く英語を話さないで海外生活を過ごすことも、赴任先によっては可能なんですよね。

でもせっかくですから現地生活を楽しみたくはないですか?英語でコミュニケーションが取れる方が断然楽しいと思いませんか。

そして子連れでは必要に迫られて英語を使う機会が結構多いんです。そう考えるとやっぱり必要になってくる英会話です。

・どんな英語がどのくらいのレベルで必要なの?
・短い準備期間でどうやって効率よくに勉強したらいい?

そんな悩みをお持ちの方にお勧めの方法が以下の通りです。

1. 中学校程度までの学校英語を復習する

2. よくありそうな場面ごとにシュミレーションする

3. 話す心の準備をしておく

『1.中学校程度までの学校英語をさらっと復習しておく』

その理由は、簡単な日常会話は中学校程度の英語で間に合うからです。また日常会話で使われる基本的な文法は、中学校までで習う文法が大部分になります。

・言いたいことを言える日常会話レベルに必要な単語数=大体1500語から2000語。

・日本で高校1年生位までに習う単語数=平均2000語

・初等教育レベルのネイティブスピーカーが使う単語数=3000語ほど。

復習方法のおススメは、すきま時間を有効に使えるラジオ英会話。レベル的にはNHKの「基礎英語3」、「大人の基礎英語」あたりがお勧めです。

『2.よくありそうな場面ごとにシュミレーションしてみよう』

子供のいる海外生活では、どんな時どんな英語を使うのでしょう?

基本のシーンは日本での生活と変わらないはずですよね。ここでは、お母さん同士がコミュニケーションすることが多い乳幼児から小学生位を想定して、よく聞かれる質問や使いそうな単語を例にしてみます。シュミレーションする際の参考にしてみてくださいね。

[プレイグループ・幼稚園・学校でのあいさつ編]

自己紹介では名前、国から来たか、何か月位経つか、どんな所が好きかなどを話しましょう。

例) 「こんにちは、私はミチコです。こちらは息子のケンタロウ、3歳です。日本から夫の仕事の関係でこちらに来て3か月になります。ここには素敵な公園がたくさんあってとても楽しいです。」

’Hi, my name is Michiko and this is my son, Kentaro, he is 3 years old. We are Japanese and we’ve been here for 3 months now for my husband’s work. We love being here because there are lots of nice parks around to play.’ 。

短いニックネームで呼んでもらうのもいいですね。

「ケンと呼んでください。」
’please call him Ken.’。

よくされる質問の例)

「兄弟はいるの? 」
’Does he have siblings?’

「どのくらいいるの?」
’How long are you staying here for?’

「好きな遊びは何?」
’what does he like to play usually?’

「習い事は何をしているの?」
’What after school activities does your daughter do?’

お迎え前後の待ち時間は話すチャンスが多いですよね。

自分や家族の事、趣味の事、日本の事など、センテンス5つ分位で話せる話題をいくつか用意してみましょう。話を始めるきっかけの話題は兄弟の有無や習い事などが王道です。

[お友達と遊ぶ編]

お友達を家に呼んだり、呼ばれたりして遊ぶことをplaydateと言います。子供が小さいうちはお母さん同士で連絡を取り合ってアレンジします。

誘いたい時なら、
「イーサン、明日の午後うちに遊びに来ない?」
’Does Ethan want to come for a play tomorrow afternoon?’

誘われて行くなら、
「ありがとう、ケンがとっても喜ぶわ!」
’Thanks, I’m sure he’d love that!’

誘われたけど行けないなら、
「残念だけどスイミングがあるの、行けないわ。」
’He has a swimming lesson tomorrow so he can’t make it.’

食べ物のアレルギーは初めて呼ぶ友達には聞いておきましょう。 宗教的な理由で食べれないものがある子も結構います。

「アレルギーとか食べれないものはある?」
’Does he have any food allergies or restrictions?’。

帰る時は子供にもきちんとお礼を言わせましょう。

「今日は呼んでくれてありがとう!」
’Thank you for having me today!’。

子供だけ置いて行って後でお迎えに行く場合は何時に行ったらいいか聞きましょう。

「何時に迎えに行ったらいい?」
’What time should I pick him up?’

[公園編]

よくある遊具の名前は英語で知っておいた方が便利ですよ。例えばMonkey Bar、何かわかりますか?うんていの事です。

初めてあった子と仲良くなったら、その子の事を聞けたらいいですね。

「どこの幼稚園に行ってるの?この公園にはよく来る?」
‘Which kinder does she go to? do you come to this park often?’

順番待ちの遊具を変わってほしかったら。

「今度は私たちの番でいい?」
’Can we have our turn now?’

「一緒に使ってあげてくれる?」
’can you share it with her?’

散歩中のかわいい犬に触りたい時は
「あなたの犬なでてもいいですか?何の種類の犬?」
’Can we pat your dog? What breed is your dog?’

[子供の学校からの電話編]

相手の顔が見えない会話はアドバンスです。突然子供の学校から電話がかかってきたら、まずはすぐ迎えに行く必要があるかを頑張って聞き取りましょう。ちょっとしたケガで念のための電話連絡の場合もあります。

「今から迎えに行った方がいいですか?」
’Should I come and pick him up now?’

迎えに行くまでに時間がかかりそうな時は、なるべく早く行く姿勢を伝えましょう。

「今は家にいないので迎えに行くのに1時間くらいかかりそうです。なるべく早く行きます。」
’I’m away from home at this moment and might take an hour or so to pick him up but I’ll try to get there as soon as I can.’

[あいづち編]

あまり’really?’を使いすぎないようにしましょうね。使いすぎると相手の話を信じてない印象を与えてしまいます。

いくつかレパートリーを持っておくといいですね。’Is that so?’, ‘I see’, ’uh huh’ など。

[褒められた時の返事編]

子供のことを褒められたら素直にお礼をいいましょうね。謙そんも大切ですが、全力で否定してしまうと相手も困ってしまいますよ。このシチュエーションの英語ではあまり謙虚になる必要はないでしょう。

賞をもらって褒められたとき
「ありがとう、よく頑張ったみたい」
’Thank you, she tried really hard.’

上手だと褒めれられたとき
「ありがとう、楽しんでやってるみたい」
’Thanks, he seems to be enjoying it.’

努力を認められたとき
「ありがとう、本当に頑張ってたの」
‘Thanks, she put so much effort on this.’

などですがいかがでしたか?

こんな感じで色々シュミレーションしていって、使いそうな単語、言い回しを予想します。そしてまずは必要になりそうな単語から覚えていきましょう。

『3.話す心の準備をしておきましょう』

駐在生活がスタートすると同時に英会話デビューをすることになります。

しかし、英語を話すときにどうしても初めの一歩が踏み出せないことがあるわけです。そこで大切な4つのポイントを心の片すみに入れておくだけで、だれとでもうまくコミュニケーションが取りやすくなりますよ。

・気持ち上を向いて大きめの声ではっきり話しましょう。

・相手の目を見て話す。相手が複数なら順番に顔を見ながら話しましょう。

・他の日本人が自分の英語をどう思っているかは考えないようにした方がいいですよ。

・子供はお母さんががんばってる姿をみるのがうれしいものです。

私は英語を話せますが、知人には英会話ビギナーも沢山います。

でも英語のうまい下手は実は全く気になりません。困るのはうまく話せないからといって丸投げしてくる人です。ネイティブの友人が嫌がるのは、日本語が分からない人がその場にいるのに日本語ばかり話す人です。

英語はあくまでもコミュニケーションツールです。使う姿勢が大切だということを忘れないようにしましょう。

スポンサーリンク





シェアはこちらから!

【管理人おすすめ英会話教材!】+『特典付き!』

世界10か国で37万人以上が実践した最新英会話メソッド!

日本の英語教育第一人者である七田眞(しちだまこと)が長年の研究により開発。徹底されたメソッドを取り組むことで60パターン600フレーズを完全記憶!最短最速の60日で日常英会話をマスターすることができます。頭の中で英作文をしてしまい英語をしゃべり出すのに時間がかかるあなたにピッタリの教材です。
 

⬇管理人の解説や購入者さんの感想を見るならこちらをクリック⬇


【七田式】7English~英会話フレーズ完全記憶(特典プレゼント開催中♪)


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください