ゴールデンウィークは海外へ個人旅行『英語が通じると何倍も楽しい』

スポンサーリンク


旅行英語を身につけて個人旅行に行こう

今年のゴールデンウィークに友達と海外旅行を計画しているあなたに、シチュエーションごとの旅行アドバイスと併せて、使えるの英語フレーズをご紹介します。

団体ツアーも気軽でいいですが、やはり友達と行くなら自由のきく個人旅行がお勧めです。
基本的な旅行英語を覚えてから行けば、旅行の楽しさも倍増しますし、何より友達に頼られて、あなたの株があがること間違いなしです!

飛行機内編:外資系エアラインなら機内でも英語

使用するエアラインが日系ではない場合、日本語のしゃべれる客室乗務員もは1−2人しか乗務していないということもよくあります。機内食の注文などの簡単な英会話はできるようにしておくと便利です。

予約していた席と違った場合

座席のアサイン間違いは珍しくありません。『おかしいな?』と思ったら、堂々と主張しましょう。

Excuse me but I have requested an aisle seat (window seat).
(すみません、通路席(窓側席)を希望したのですが。)

食事・ドリンクサービス中に注文をするとき

『〜をください』と言うときには、『I’d like 〜』と言うと丁寧で良いです。I’d likeを省いて、『〜 please』だけでも大丈夫です。
『please』と、食事をもらった後の『Thank you』を忘れないようにしましょう。

Q: Would you like chicken or fish?(チキンと魚料理どちらがよろしいですか?)
A: (I’d like) Chicken / fish please.(チキン(魚料理)をお願いします。)

Q: What would you like to drink?(お飲み物は何にしますか?)
A: (I’d like) Orange juice please.(オレンジジュースをお願いします。)

Q: Would you like milk and sugar?(コーヒーに砂糖とミルクは入れますか?)
A: Yes, (I’d like) Milk and 2 sugar please. / No, Thank you.(ミルクと砂糖を2つお願いします。/いいえ、けっこうです。)

欲しいものがある場合

『May I have 〜?』で、『〜をいただけますか?』という丁寧な表現になります。

May I have an extra blanket / pillow please?*
もう一枚毛布/枕/をいただけますか?)

May I have water please?*
水をいただけますか?)

食事の選択肢はいつもお肉か魚という簡単なものとは限りません。客室乗務員の選択肢をよく聞くようにしましょう。

日本人乗客の多いフライトには、Japanese(日本食)というチョイスがあるところも珍しくありません。その場合、『I’d like Japanese meal please. (日本食をお願いします)』や『I’d like Western meal please.(洋食をお願いします)』のように応用できます。

空港編:丸暗記で乗り切ろう

入国審査

通常、観光で入国する際には、お決まりの質問に答えるだけでスムーズに通れますので、事前に答えを丸暗記しておきましょう。

Q: What ’s your purpose of your visit?(入国の目的は何ですか?)
A: For sightseeing.(観光です。)

Q: How long will you be staying?(どのくらい滞在する予定ですか?)
A: For 5 days.(5日間です。)

Q: Where will you be staying?(どこに滞在予定ですか?)
A: At XXX hotel.(XXXホテルです。)

関税

行き先の国によって、関税のルールが違いますので、旅行前に必ずチェックしましょう。特に、香港などタバコの持ち込み規制が厳しい国があるので、喫煙者は要注意です。

Q: Do you have anything to declare?(申告するものはありますか?)
A: No, I don’ t have anything to declare. / Nothing to declare.(いいえ、何も申告するものはありません。)

空港カウンターで搭乗手続きをする

WEBチェックインをすれば、当日は荷物を預けるだけなので、時間が節約できます。事前に座席指定もできるので便利です。

(I’d like to) Check in please.(チェックインをお願いします。)

Q: How many baggages would you like to check in?(預け荷物は何個ですか?)
A: One please.(1つです。)
A: May I bring this bag to the cabin?(このカバンを機内に持ち込んでもいいですか?)

出発ゲートが見つからない

出発ゲートにたどり着くまでに、シャトルバスを乗ったりしなければならない空港もよくありますので、ゲートが見つからない場合は空港スタッフに聞きましょう。

ギリギリまで免税店でショッピングをしていると、意外と出発ゲートが遠くて間に合わないこともありますので、位置を確認してからショッピングを楽しむことをお勧めします。

Excuse me. Where is the departure gate 123?*
(すみません。出発ゲート123はどこですか?)

ホテル編:ホテルのサービスを有効活用しよう

チェックイン時刻前に到着したり、チェックアウトからフライトまで時間があるという方は、フロントで荷物を預かってもらえるか聞いてしましょう。

また、レストランの予約なども代わりに電話してくれることが多いので、自分で電話する自身がない場合は、フロント(コンジェルジュがいるホテルならコンシェルジュ)でお願いしましょう。
予約内容を紙に書いて渡せば簡単です。

(I’d like to) Check in please.
(チェックインをお願いします。)

I have a reservation under Hanako Suzuki.
(鈴木花子の名前で予約してあります。)

Is breakfast included?*
(朝食は含まれていますか?)

(I’d like to) Check out please.
(チェックアウトをお願いします。)

Could you keep my luggage until check in / 5 o’clock?
(チェックインまで(5時まで)荷物を預かってもらえますか?)

移動編:迷子になったら店員に道を尋ねよう

観光中に迷子は付き物ですよね。迷ったら恥ずかしがらずに周りの人に聞いてみましょう。駅のスタッフや、おみやげ物屋の店員は、観光客慣れしているので、たいがいの観光スポットへの行き方は把握しています。

Excuse me. Do you know how to get to XXX?(すみません、XXXへの行き方を知っていますか?)

Which bus should I take to get to XXX?(どのバスに乗ればXXXに行けますか?)

バスで移動する際は、乗るときに運転手に、
Do you go to XXX?((このバスは)XXXに行きますか?)

と確認してから運転手の近くに座っていると、目的地のバス停で『XXXに着いたよ!』と叫んでくれることが多いのでオススメです。

レストラン編:注文に迷ったらお薦めを聞いてみよう

見慣れない英語のメニューでどれを注文するか迷ったら、ウェイターにお薦めを聞くのも手です!人気のメニューを教えてくれますよ。

テーブルを願いする

予約がない場合
Table for 3 please.
(3名お願いします。)

予約がある場合
I have a reservation at 8 o’clock. My name is Hanako.
(8時に予約しています。花子と言います。)

予約をしたい場合
I’d like to book a table for 3 people at 7pm on 5th of May please.
(5月5日の7時に3名で予約したいのですが。)

注文する

I’m sorry we are still deciding.(すみません、まだ決まっていません。)

Do you have any recommendation?(お勧めはありますか?)

I’d like to have this please.((メニューを指差しながら)これをください。)

支払いをする

会計のレシートを見て、サービスチャージが含まれているかどうか確認しましょう。含まれている場合は、チップは不要です。

(Could I have the) Check, please.(お会計をお願いします。)

May I pay by credit card?(カードで払えますか?)

Can we pay separately?(別々に払えますか?)

# ショッピング編:店員に挨拶を忘れずに!

海外でお店に入ったら、必ず『Hello』と挨拶をするようにしましょう。
店員が『May I help you?(何かお探しですか?)』と声をかけてきて、『見ているだけです』と言いたい時には、

I’m just looking, thank you. / I’m just browsing, thank you.

後者の『browsing (ブラウジングと発音します)』を使う方が、品が良く、好感度も良いです。

May I try this on?(これを試着してもいいですか?)

Do you have this in a smaller size?(これの、もっと小さいサイズはありますか?)

How much is this?(いくらですか?)

I’ll take this.(これを買います。)

お店を出るときには、何も買わなくても必ず『Thank you』というのが礼儀です。

通じないのも海外旅行の醍醐味!

海外旅行は、言葉が通じなくて大変なこともありますが、日ごろ勉強している英語を試す絶好のチャンスでもあります。

恥ずかしがらずに、どんどん積極的に英語を使って現地の人たちと会話をしてみましょう。
言いたいことが通じないこともあるかもしれませんが、それも旅行の醍醐味!その分、頑張って英語が通じたときの、達成感が倍増しますよ!

スポンサーリンク





シェアはこちらから!

【管理人おすすめ英会話教材!】+『特典付き!』

世界10か国で37万人以上が実践した最新英会話メソッド!

日本の英語教育第一人者である七田眞(しちだまこと)が長年の研究により開発。徹底されたメソッドを取り組むことで60パターン600フレーズを完全記憶!最短最速の60日で日常英会話をマスターすることができます。頭の中で英作文をしてしまい英語をしゃべり出すのに時間がかかるあなたにピッタリの教材です。
 

⬇管理人の解説や購入者さんの感想を見るならこちらをクリック⬇


【七田式】7English~英会話フレーズ完全記憶(特典プレゼント開催中♪)


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください