エイプリルフールの規模が違う!海外の嘘ニュース歴代ベスト10

スポンサーリンク


エイプリルフールは国民行事⁈

エイプリルフールといえば、『友達に嘘をついてびっくりさせる日』ですよね。日本でもエイプリルフールの存在は知られていますが、海外では規模が全然違います。

まだテレビも白黒の時代から、国営放送のニュース番組が堂々と嘘ニュースを発表して国民を騙してきました。
今なら『そんな馬鹿な…』という内容も、まだ情報化が進んでいない当時の人々の間に、大センセーションを巻き起こしたことは想像できますよね!

当時の人々を驚かせたと思われる、歴代のエイプリルフールジョークのベスト10をご紹介します。

海外の歴代エイプリルジョークBEST10!

現代でも語り継がれる、伝説的なエイプリルフールの嘘ニュースをランキング形式でご紹介します。

10位:ライオンを洗う日 (1698年)

記録に残る歴史上最も古いエイプリルフールジョークと言われています。
その昔、ロンドン塔には動物が住んでいました。その動物たちの中でも『ライオンを洗う日』という架空の年間行事がでっち上げられ、ライオン洗いが現物できるという嘘情報のために、4月1日に人々がロンドン塔に殺到しました。
その後も19世紀頃までこのエイプリルフールジョークは毎年続き、架空行事の招待状を販売する人まで出てきたそうです。

9位: 白黒テレビをカラーで視聴できる方法 (1962年)

スウェーデンのテレビ局SVT (Sveriges Television) が、まだ唯一のテレビチャンネルで、もちろん白黒放送だった頃に放送された、有名な嘘ニュースです。

ナイロンストッキングをテレビの画面に貼り付けると、白黒テレビがカラーで視聴できるという馬鹿げた方法を真面目に解説したところ、なんと何千人もの視聴者がこの方法を実際に試したそうです。

8位:エイプリルフールの起源が暴かれる (1983年)

ボストン大学のジョセフ・ボスキン教授がアメリカAP通信のレポーターにジョークのつもりで語った『エイプリルフールの起源』が、4月1日にいくつもの新聞に掲載されました。

数週間後、ボスキン教授は、彼が語ったエイプリルフールの起源は全て嘘だったことを明かしましたが、AP通信のレポーターはその嘘を真に受けてしまったそうです。
エイプリルフールの起源はいまだに謎のままです。

7位:グリニッジ標準時がギネス標準時に改名  (1998年)

世界の標準時GMT(Greenwich Mean Time = グリニッジ標準時)が、黒ビールのギネスと提携して、ギネス標準時(省略形はGMTのまま)に改名することが発表されました。
くだらないのですが、イギリスらしいジョークで、真面目な経済紙ファイナンシャル・タイムズにも取り上げられました。

6位:ビッグベンがデジタル化 (1980年/2008年)

ビッグベンがデジタル化し、さらに不要になった時計の針は、先着順で希望者にプレゼントされると海外向けのBBC放送で発表されました。
なんと、いち早く放送局に時計の針希望で電話をしてきたのは、日本人だったそうです!

5位 スイスのラジオ局が人類の月面着陸を報道  (1967年)

スイスのラジオ局が1時間に渡って、アメリカの宇宙飛行士が月面着陸に成功したという嘘ニュースを報道しました。

また、夜7時頃にスペースシップが月から地球に戻ると放送の最後にコメントしたため、チューリッヒの街を見下ろせる山に、スペースシップを見ようとする人々が殺到したそうです。
その2年後の1969年に、人類の月面着陸は現実になりました。

4位 ネッシーの死体が発見される (1972年)

ヨークシャー州のフラミンゴ動物園の科学者チームがネッシーの死体を発見したという写真付きの嘘ニュースが、あっという間に世界中に世界中に広がりました。
実際にはネッシーではなく、ゾウアザラシだったことが4月1日に発表されました。
そういえば、そもそもネッシーの誕生もエイプリルフールのジョークだったという説がありますよね。

3位 ロンドン近郊にUFOが上陸  (1989年)

1989年3月31日、ロンドン近郊のサリー州にUFOのような飛行物体が着地しました。
通報を受けた警察が向かったところ、当時36歳のヴァージングループ会長のリチャード・ブランソンがエイプリルフールのためにわざわざ作ったUFO型の気球だったということが判明。

ブランソン氏は4月1日にロンドン市内のハイドパークに着地する予定で、30日に気球で出発しましたが、風の影響で1日早くサリー州に降りてしまったそうです。
ジョークのために、UFOを作ってしまうあたり、さすがリチャード・ブランソンですよね。

2位 BBCが空飛ぶペンギンを撮影 (2008年)

[Penguins – BBC – YouTube]

イギリスBBCが空を飛ぶペンギンの姿を撮影した映像を放送しました。
エイプリルフールネタだと知った上で見ても、なかなか壮大で、「本当にこんな風に空を飛べたらペンギンも気持ちいいだろうな」と思ってしまいました。

比較的最近のニュースなので、エイプリルフールの嘘ニュースと気づく人も多かったようですが、それでも日本でいうNHKに当たる、お堅い国営放送のBBCの放送です。真に受けた視聴者からの問い合わせが殺到したそうです。

1位 スイスのスパゲッティー収穫 (1957年)

[BBC: Spaghetti-Harvest in Ticino – YouTube]

お堅いBBCが、あり得ないエイプリルフールジョークを真面目に放送する歴史はここから始まりました。
1957年に、スイスで木になったスパゲティーを収穫するニュース映像をイギリスのBBCが紹介しました。

『自家製のスパゲティーに勝るものはありません。』という真面目なナレーションがシュール過ぎて、笑わずには見られません!
放送当時は間違いなく、本当に『スパゲティーが木になる』と信じた視聴者が大勢いたと思われます。

来年の4月1日は海外のニュースに注目!

やはりブラックユーモア好きなお国柄のせいでしょうか?

調べてみると、

歴代の大規模なエイプリルフールジョークはイギリスのものが多いようでした。

最近はいろんな企業や団体がエイプリルフールのイベントをするようになってきましたが、やはり普段は真面目なイメージのニュースチャンネルが遊び心いっぱいのことをすると、おかしさ100倍ですよね!

来年の4月1日はどんなエイプリルジョークが発表されるか、ぜひ海外のニュースに注目してみましょう。

スポンサーリンク





シェアはこちらから!

【管理人おすすめ英会話教材!】+『特典付き!』

世界10か国で37万人以上が実践した最新英会話メソッド!

日本の英語教育第一人者である七田眞(しちだまこと)が長年の研究により開発。徹底されたメソッドを取り組むことで60パターン600フレーズを完全記憶!最短最速の60日で日常英会話をマスターすることができます。頭の中で英作文をしてしまい英語をしゃべり出すのに時間がかかるあなたにピッタリの教材です。
 

⬇管理人の解説や購入者さんの感想を見るならこちらをクリック⬇


【七田式】7English~英会話フレーズ完全記憶(特典プレゼント開催中♪)


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください